電解水


電解水の性質


電解水の特徴


電解水の性質にはどんなものがあるのでしょうか。

まず電解水とは食塩などの電解質を添加し電気分解することで得られた物質を混合した水のことで、陰極と陽極に分かれ、それぞれに特長があります。陰極側からはアルカリ性を示すアルカリイオン水が作られます。反対に陽極側からは塩素を含んだ酸性の水が作られます。特長によりさまざまな種類があります。殺菌効果の高いオゾンを含むオゾン水を水道水から作る技術などもあるそうです。


強力な殺菌作用をもつ強酸性の電解水


では、本題に戻りその性質にはどんなものがあるのでしょうか。その種類はたくさんありますが、その中でまず第一に、強酸性のものについて説明します。強酸性だと強力な殺菌作用があります。水中に存在する次亜塩素酸(HCIO)にこの殺菌作用があるためです。これは細菌などによる二次感染に大変有効です。

さらに、はだの引きしめ作用などもあります。また、かゆみや炎症を抑制する効果などもあるのですが、この原理は科学的に証明されていません。


強アルカリイオン水


第二に強アルカリイオン水についてです。強アルカリイオン水は主に洗剤や洗浄剤の代わりとして用いられる洗浄水として知られています。とても強い洗浄力なのですが、無臭で薬品などを使用しないため、取り扱いが安全で人間にも環境にも優しい洗剤代替品となります。一般に使用されている強アルカリイオン水はpH12.5というとても高い数値のものを使っています。

このように電解水にはさまざまな性質があり、電解水の特徴によってその性質は異なりいろんな用途で使用されています。


電解水(次亜塩素酸水)

ファーストオーシャン株式会社は、世界で初めて、飲用水質基準に適合した強力な殺菌力を保持する電解水を開発しました。電解水は様々な用途に活用可能です!